匁の閑話

1匁は五円玉1枚の重さ。ささやかな私のささやかな呟き。

# プロフィール

Author:匁
2015年、札幌市から埼玉へ移住。

旅行記→車中泊とLCCで格安旅行

# カウンター

# 最新記事

「低音障害型感音難聴」闘病記・7日目

2013/10/21(月)


08:30 星状神経節ブロック注射
09:00 耳鼻科 検査と診察
11:00 星状神経節ブロック注射



本日、退院。

耳の詰まった感は変わらず、聞こえ方も入院時とほぼ同じ。

治療のステロイドは、一旦飲み始めたら徐々に減らしていかなければ、逆効果。
今は点滴から錠剤に変わり、段階的に減らしながら服用している。
ここまで来れば、難聴が治る可能性は極めて低い。
が、今回の発症直前あたりに比べて、聞え方は極端に落ちてはいないような気がする。
再発を繰り返すとメニュエル病へ移行するケースがあるとなれば、都度 検査を受け、その芽を潰して行くのがベスト。
検査も受けた。MRIも撮った。
やるだけの事はやったのだから、将来「ああ、あの時に・・・」という後悔はないはず。
長い付き合いになりそうな。


耳の閉塞感は、今後 時間とともに慣れて、不要な音を自然に取り込まなくなるはず。
ただ、その時にどの程度の聴力が残っているかが、今一番の関心事。


今回 耳よりも先が見えず、心乱れたのが星状神経節ブロック注射がもたらした副産物・斜視の改善。
ただ、体調によって見え方に微妙な振幅がある。
今後は、外来で星状神経節ブロック注射を継続してみる事になった。
しかし、どうなんだろう?
眼科の専門医の管理下ではなく、難聴治療の延長ということは。
続けてみて、良い結果が出れば儲けものということで、そこに治療の論拠はない。
そう思えば、再々手術を受けて正攻法で斜視を治すべきかと、迷う。
何故に躊躇うのかと言えば、手術予約をして半年も待ち、昨年末に再手術を受けたばかりだから。
入院慣れした今をチャンスに、もう一度トライもありか。
思えば、今回の難聴の原因は「斜視手術を受けたのに結果が思わしくなかった」ストレスだったかも。


さて、今回の入院でつくづく考えさせられたこと・食について。
※病院食は、食材の数を多く量を少なく。

朝 一汁二菜、牛乳
昼 三菜、果物
夜 一汁三菜、デザート(果物など)


健康な食生活の合言葉「まごわやさしい」。
ま・・・豆類(タンパク質、マグネシウム)
ご・・・・ごま類(セサミン、ビタミンE)
わ・・・・わかめなど海草類(ヨード、カルシウム)
や・・・・緑黄色野菜、淡色野菜、根菜類(ベータカロチン、各種ビタミン)
さ・・・・魚(タンパク質、亜鉛)
し・・・・きのこ類(多糖類)(
い・・・・芋類(食物繊維、カリウム、ビタミンC)

これが、1日の食事でバランス良く摂取できる献立。
病院食で一週間、なんとお通じの快適なことか。
我が家も実践してみようかなぁ。


★病院食メニュー



パン、えのき&人参スープ、チキンナゲット(枝豆、人参つき)、アスパラの和え物、牛乳

「低音障害型感音難聴」闘病記・6日目

2013/10/20(日)


09:30 診察


日曜日の病院は、閑散としていつもとは違った雰囲気。
が、なんと入院患者の診察はいつも通りにある。
休日出勤ありの医者という仕事、大変だな。


診察が終わればフリータイムの私は、昨日の読書のつづき。
「明け方の夢」下 シドニィ・シェルダン作

下巻も一気に読破。
おもしろい~~~~~。
彼の英語教材CDが我が家の本箱に鎮座しているハズ。
退院したら、心入れ替えて聞いてみようかな。



★病院食メニュー

moblog_e2bc42d5.jpg
メロンパン、野菜コンソメスープ、カボチャとゆで卵のグラタン、和風サラダ(大根・人参・水菜)、牛乳



moblog_afd8a66b.jpg
ご飯、鶏肉味噌漬け焼き、春雨炒め、酢の物(大根、ハム、かに風味)、りんご



moblog_62f5c345.jpg
ご飯、中華スープ、鮭の唐揚げ、里芋の煮物、なめこおろし、杏仁フルーツ

「低音障害型感音難聴」闘病記・5日目

2013/10/19(土)


09:30 最後の点滴(この後は錠剤に)
10:15 診察



今日は土曜日。

ブロック注射もないので、病院のディルームの本を読み始めた。
「明け方の夢」上 シドニィ・シェルダン作
とても面白くて、上巻を一気に読破。
続きが、気にかかる。


★病院食メニュー

moblog_f529be66.jpg
小豆パン、野菜スープ(ポテト)、サラダ(アスパラガス)、ハム&ブロッコリーのソテー、牛乳


moblog_891448bb.jpg
ご飯、魚のホワイトソースかけ、桜えびの炒り煮、白菜の梅かつお和え、グレープフルーツ



moblog_4bc92bc2.jpg
ご飯、ナスの味噌汁、ポテトのミートグラタン、わさび和え、イタリアンサラダ(トマト・チーズ・ビーンズ)、バナナ

「低音障害型感音難聴」闘病記・4日目

2013/10/18(金)


08:30 星状神経節ブロック注射
09:30 診察
13:00 循環器内科受診(血圧)
13:30 星状神経節ブロック注射



MRI検査結果 問題なし

入院以来、夜眠れない日が2日続いた。
そのせいか、血圧が急上昇。循環器内科の診察を受ける様にと担当医からの指示がきた。
お陰で今日は、病室と外来の往復で忙しい。
が、夕べは初めて朝まで熟睡できたので、今日の血圧は正常値。汗、汗。



★病院食メニュー

moblog_0126323a.jpg
ゴマパン、中華スープ、ほうれん草と人参のドレッシング和え、ミックススクランブルエッグ、牛乳



moblog_de4d2c94.jpg
ご飯、和風ハンバーグ、クリームチャウダー、イカとピーマンとレタスのサラダ、柿



moblog_72a4bb07.jpg
ご飯、けんちん汁、焼き魚、マカロニサラダ、インゲンのおかか和え、ライチ

「低音障害型感音難聴」闘病記・3日目

2013/10/17(木)


08:30 星状神経節ブロック注射
10:00 聴力検査&診察
11:00 点滴
13:30 星状神経節ブロック注射



実は私、目が寄っている訳でもないのに内斜視で、今まで2度ほど手術をした。
処が、最近またまた遠くのモノの輪郭が見えにくくなっていた。
この入院生活が終わったら、斜視の再再手術を受けねばならぬと思っていた処。
しかし、今朝、星状神経節ブロック注射を打った直後、雲が晴れた様に遠くが見えるではないか。
入院した日から4本目の注射だった。
もう、空高く舞い上がりたい嬉しい気分。

が、落ち着いて考えてみたら、この効果はいつまで続くのか?
一過性のものなら、この先 つど施術を繰り返さなければならないのか?
不安がかけめぐる。

夕方の麻酔科は玩具箱をひっくり返したような患者さんの山。
「そういう副産物も時々あるのよね。」と麻酔医。
詳しく教えて欲しかったのに、肩透かし。
聞くタイミングが悪かった。

調べてみて、星状神経節ブロックは対処療法ではないと知った。
斜視の手術をしなくても回復するなんて夢のよう。
肝心の難聴への効果は今の処現れていないが、斜視が回復すれば大儲け♪




★病院食メニュー

moblog_4b008257.jpg
レーズンパン・わかめスープ・チキンボール煮込み・青菜とカニっことえのきのドレッシング和え・牛乳


moblog_c02c08aa.jpg
ごはん・牛肉と大蒜の芽の炒め物・ブロッコリーとコーンのマヨネーズ焼き・オクラの和え物・マンゴー


moblog_d9ca09c0.jpg
鱈のホイル焼き・しゅうまい・モヤシと鶏の胡麻酢和え・バナナ

# 検索フォーム

# QRコード

QR