匁の閑話

1匁は五円玉1枚の重さ。ささやかな私のささやかな呟き。

# プロフィール

Author:匁
2015年、札幌市から埼玉へ移住。

旅行記→車中泊とLCCで格安旅行

# カウンター

# 最新記事

今年の健診

連日の雨で、散歩も思うにまかせぬこの頃。
やっと雨があがり、今日は年に一度の健診日。
運動不足解消にと、早めに徒歩で出かけたが、外は一面の濃霧。
一寸先も見えないとは、この事か。
しかも、寒い。
センターへ着いたら、先着順で8番。
隣の7のご婦人曰く「車で来たけど、霧で前が見えず怖かった」と。

さて、健診開始。
まずは健診票のチェックを済ませ、血圧を測り身長・体重・腰回り測定。
医師の問診を経て、エックス線撮影、血液検査。

私の最高血圧、一回目140、二回目164って・・・。
「昨年の健診では124だったのですが」と、思わず呟くと、
「いつもと環境が変わると変動するからね」と看護士さん。

なんと、身体測定では身長は2cm縮み、体重は1.5kg減っていた。
全体に小型化したと言うことか、私。

7の婦人も「血圧が凄く高かった!」と。
あとで家人が言うに
「あの人、計る時に肩に力が入って緊張してたから、そのせいじゃないか」。
私も背中を伸ばし肩を張って計測しちゃったから、高い数値が出たかも。
と勝手に納得。

さて、家人は体重が日常より3kgも減っていた。
健診の朝なので、今日の朝食は抜きだから1kgなら許容範囲だけれど・・・
「衣類の分を加減してるんじゃあないか」と家人。
それぞれに言い訳をみつけ、不安を払拭して帰路についた。

今年はバリューム検査の変わりにピロリ菌検査を受けた。
ために、気がつけば昨年よりも随分と早く終わった。
9時から朝食の試食が振舞われるのだが、まだ間がある。
昨年は、五目御飯ときのこの味噌汁。
美味しいのに・・・、9時まで待てないので今年は断念。

急いで家に帰って、我家でブランチ。

脳梗塞・右半身麻痺の言語障害予防

小旅行への出掛け、家人に連絡が入った。

姉の連れ合い・家人の義兄が脳梗塞で倒れたと。
命は取り留めたものの、右半身に麻痺が残り
右利きなので、今 左で箸を使いこぼしながら食べていると。
右麻痺が残ったという事は、左脳へのダメージ。


大脳は言語的・論理的思考をつかさどる優位半球と、
空間的・音楽的思考を担う劣位半球があり
基本、左脳が優位半球。
つまり、右利きの人のほとんどが左脳が優位半球で
左利きの人の左脳の優位半球は2/3 or 1/2。

翻って私。
十数年前にトイレの狭い個室でこけて右腕を骨折。
以来、箸は左手を使っている。
その少し前に、右利きだった父が脳梗塞で倒れ、
右麻痺が残り、意識がないままに亡くなった。
そんなこんなで、父の死後、私とすぐ下の弟は箸は左。

朝、出掛ける家人に言った。
「今日から、箸は左・・・ね」
どんだけ効果があるか死ぬまで解らないが、
万が一、脳梗塞になっても優位半球の喪失を少しでも少なくと言う切なる願い。



私は踵美人!?

20代の頃、出張先で同僚男性が寛いでいる足に釘付けとなった。
なんて、綺麗な踵なの.
別の同僚も言った「まっちゃん、何でそんなに踵 綺麗なの?」
まっちゃん曰く「いや、別になんも」

それから○○年、今 私の踵はすべすべ。
当時の私はと言えば、数本の深い線が描かれガサガサだったのだが。


今 思う。
あれは、栄養バランスの表れだったのでは?
踵は健康のバロメーターなのでは、と。

現在の私は、加齢とともに色々な食材を欲する様になった。
まごはやさしい
「ま(豆)ご(ゴマ)は(海草)や(野菜)さ(魚)し(椎茸など茸類)い(芋)。
これだけの食材を、一汁三菜で摂取している。
我家は数年前から家人の希望で1日2食になった。
で「孫は優しい」は大変そうに思われるが、実は2食ともにガッツり食べている。
常備菜を駆使すれば簡単。

踵を眺めて思う。
「おぉ、今日も私の体調OKだね」。

骨粗しょう症 イエローカード

ことの初めは、市の健康診断。
生まれて初めて骨粗しょう症の検査を受けた。
骨密度は同年代の94%。
子供の頃から運動が苦手、下駄を履くとこけるし、膝株が小さく骨の細さは歴然。
ただ、日頃から食べ物には気を配っていたので、心の何処かで自信があった。
あぁそれなのに、その場で医者への紹介状を持たされるなんて。
渡された検査結果に拠ると、ボーダーラインに接したぎりぎりの下。
つまり、惜しい!というあたり。

さて、病院で医者が何をするかと言えば、
骨密度を高めるための生活習慣の指導。もっと症状が重ければ投薬。
さらには、手術もあるそうな。
ただ、私の場合は今の処、予備軍。
まずは生活指導を受け、予防に努めると言うことだ。
だが、一度 病院へ行ったなら、生涯 通院が続くであろう事は日を見るより明らか。
だって、生活指導はするに越した事はなく、しないよりした方がいい。
本人の危機喚起の意味で。

数日後、新聞の記事に目は釘付け。
骨粗しょう症の治療薬を常飲していた女性が、歯科で抜歯をした処、上顎の骨が壊死したと。
その薬は骨粗しょう症に大変効果を発揮している反面、こんな副作用も孕んでいる。
後日、歯科医は「知らなかった。申し訳ない」と詫びたそうだ。
全国の医療従事者に知識があるとは限らない。それだけに、怖い。

数年前、突発性難聴で入院した時、血圧が異常にあがった。
耳の担当医は言った。
「内科で、血圧をさげる薬を処方してもらいましょう」
私は大慌てで、首を横に振り続けた。
「先生、今は入院中で健康状態が安定していないので、もう少し様子を見てからに」
と、医師をなだめたりすかしたりして、何とか高血圧治療を回避した。
高血圧の薬は一度飲みだすと簡単にはやめられない、と聞いていたから。
今回の健診での血圧は、120の64で全くの正常値。
勿論、血圧の治療など未だ一度も受けたことがない。
あの時、医師の勧め通りに血圧の薬を飲みだしていたら、今頃は通院し続けてて
立派な高血圧患者になっていた筈。

さて、骨粗しょう症の黄色信号が出た私。
生活習慣の改善で現状を維持出来るのなら、医者には任せておけない。
私の健康は、私のものだから。
以来、毎日1万歩を散歩している。というか、徘徊している。
通りすがりの古着屋で気に入りのブルゾンを発見したり
日ごとに色をかえる木々の葉に、季節の移ろいを感じたり。
今まで気づかなかった楽しみに気がついた。

それにしても、なんだかな~
市は、ざくっと予備軍をさらって病院に一括で委託するのではなく
イエローカード程度の者には、予防のための指導をするとか
前向きな手を打つべきではないか。
昨今、医療費が膨れ上がっているのが問題になっているのに。
これでは、ただただ病人を量産しているだけに思えてならない。


追記
11/22 骨粗しょう症 以外の健診結果が届いた。
私は全て「異常なし」。やった!
ホッとしたけど、実はちょっと胸に棘さすことが。
健診に備え、2週間前から禁酒してみたのだ。
そしたら、この優等生の手本みたいな健診結果。
でも、こんな小細工で一時の結果を得ても
人生のスパンで考えれば、自分のためにならないだろうな。
だってさ、数字は正直だもの。怖いほど。

円山山頂

moblog_152eba3e.jpg
毎朝 家の近くの円山に登っている。
標高225mの小さな山で、登山口から頂上まで所要時間30分弱。
我が家からだと往復1時間半、1万歩。

昨日のこと。「綺麗な景色ですね。来て良かった。ボク北海道 初めてなんです。」
山頂から札幌の街並みを見て、感動のあまり、側にいた見知らぬ私に呟いたのは、30才前後の男性。

岡山から出張で来ていて、出勤前に登ってみたくなったのだと。

「じゃあ、これから仕事なんで。」と爽やかな笑顔を残し、立ち去った。

「行ってらっしゃい。」

# 検索フォーム

# QRコード

QR